わかったつもり

西林克彦

光文社(2005年09月)

楽天で購入

わかったつもり

西林克彦

光文社(2005年09月)

楽天で購入

「わからない」ことよりも、「わかったつもり」でいることの方がはるかに問題だ!理解力・読解力を磨くための一冊。

0人が読んだに追加

0人が読みたいに追加

この本のレビュー

レビューを書く

楽天のレビュー

  • (無題)
    けんにゃん9156
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年01月09日

    読解力の妨げになる分かったつもりという状態を小学生の教科書や実験結果を用いて具体的に丁寧に説明されています。分かったつもりから、より分かる状態にする方法が、もう少し知りたいなと思いました。

    20人が参考になったと回答

  • (無題)
    Kisara ride on Serow
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2006年08月15日

    1〜4章は、もっとコンパクトに収まる筈。ダラダラと説明しすぎの印象で、読後に感じたのは『5章だけ読めば充分』です。
    しかし本の構成上、5章だけ読んだのでは内容が理解できません。それなりに学ぶことはあると思いますが、特に誰かにお勧めしたいとは思いません。
    著者には是非『わからせたつもり』を書いて頂きたいものです。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    hirohirock
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2006年02月19日

    内容は難しくなくすらすら読めると思います。わかったつもりの怖さが分かりました。
    現代文を例に挙げて解説していますが、社会一般でも同じことだと思います。なぜならわかったつもりではなく、「こういう理由で分かった」という風に論理的な力が世の中では求められるからです。
    社会人だけでなく、センター試験や難関私大の現代文の点数が伸び悩んでいる受験生にもお薦めの一冊です。

    1人が参考になったと回答